ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、所得税の一部を住んでいる自治体以外の市町村に納税できる制度です。

自治体の使用目的を見て納税できますので、
納税者側が税金の使い道を決めることができるという点で、
画期的な納税制度と言えます。


また、ふるさと納税を納めた自治体から、返礼品を頂ける場合があり、
納税者側からしてもお得な制度となっています。

その際の、実質負担額は+2000円です。

頂ける返礼品の価格は納税額の3割程度で、
その地域に関連する商品となります。

2000円の負担で場合によってはそれ以上の価値の返礼品が頂ける、
大変お得な制度となっています。


最近では、災害に合われた地域に納税したり、
返礼品をあえて貰わない選択をする納税者もいらっしゃいます。


返礼品の種類や、自治体の使用目的を吟味して、
唯意義な納税にしたいものです。